So-net無料ブログ作成
検索選択

哲学者の最後 デカルト [生きる]

デカルトの最後は、なんだか心に残る。

デカルトは、スウェーデンのクリスティーナ女王から何度も招かれている。
無論、女王がデカルトの哲学の講義を聴くためである。

1649年4月にはスウェーデンの海軍提督が軍艦で迎えにきた。
この時、デカルト53歳。クリスティーナ女王は弱冠23歳である。

デカルトは、多分うれしく、名誉に感じたことだろう。23歳で向学心に燃えている女王に講義をするわけである。クリスティーナ女王は、のちに「バロックの女王」と言われているから、才色兼備の聡明な女性だったのだろう

女王が冬を避けるように伝えたにも関わらず、デカルトは9月に出発し、10月にはストックホルムへ到着した。ストックホルムの冬が大変に寒いだろうことは、容易に想像できる。そこは女王もわきまえて、春に迎えを出したのに、秋に行ってしまったのだ。

1650年1月から、デカルトは女王のために朝5時からの講義を行った。

なんでまた、朝の5時から講義をしたものか。日本だって、冬の朝5時は真っ暗だ。真冬のストックホルムで、朝5時から講義だなんて。しかも、デカルトはフランスでは朝寝の習慣があったから、大変に辛かったのだという。

これは、女王の向学心ゆえの勇み足なのか。それとも、女王の生活では、そこしか勉強の時間がなかったのだろうか。やらせる女王も女王だが、それを拒みもせずに講義をするデカルトもデカルトだ。

そして、2月。デカルトは風邪をこじらせて肺炎を併発し、死去。

あっけない。

なんとも、もったいない話。
女王は、約1ヶ月しか講義を受けていないし、デカルトはまだ53歳だし。

でも、何か、劇的でロマンチックである。

「女王が哲学者を招く」とか、その迎えが「軍艦」だとか、その53歳の壮年の学者が「風邪をこじらせて、あっけなく亡くなる」とか。

まるで、中世の騎士物語のようだ。
美しい北国の女王のために、高名な哲学者が命がけで講義をして、本当に命を散らしてしまった。

このようなドラマは、多分現代ではお目にかかれないだろう。朝の5時から講義を聞こうという女王がいるとは思えないし、風邪をこじらせた学者は、宮廷の医師団が、点滴と抗生物質で治してしまうだろうから。

***

ところで、カントとかデカルトとか、哲学者のことを語っているからといって、私が彼らの哲学を理解しているとは思わないでほしい。

理解したい。

でも、難しい。

だから、「外堀を埋める」感じで、哲学の理論からはずいぶん離れた、哲学者の生き様などに注目しているのだ。

外堀を埋めるのは楽しいが、埋めたからといって本丸にたどり着けるとは限らない。何やら、埋まった外堀の周辺を、ぐるぐると歩いているだけ、という感じがしている。




コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

コメント 3

mwainfo

「我思う、ゆえに我あり」、まさに哲学です。
by mwainfo (2014-12-05 20:02) 

staka

私も深淵な哲学はよくわかりません。
世の中の個人の行動の基になっているもの、それを価値観、あるいは道徳と呼ぶのか、はたまた倫理(学)、哲学と呼ぶのか、難しいですね~ェ
いずれにしろ、他者から押し付けられるのはイヤですね。
by staka (2014-12-10 14:00) 

cheese999

人はいつか死ぬ(^_0)ノ
by cheese999 (2016-08-14 22:41) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。