So-net無料ブログ作成
検索選択
前の3件 | -

哲学者の最後 デカルト [生きる]

デカルトの最後は、なんだか心に残る。

デカルトは、スウェーデンのクリスティーナ女王から何度も招かれている。
無論、女王がデカルトの哲学の講義を聴くためである。

1649年4月にはスウェーデンの海軍提督が軍艦で迎えにきた。
この時、デカルト53歳。クリスティーナ女王は弱冠23歳である。

デカルトは、多分うれしく、名誉に感じたことだろう。23歳で向学心に燃えている女王に講義をするわけである。クリスティーナ女王は、のちに「バロックの女王」と言われているから、才色兼備の聡明な女性だったのだろう

女王が冬を避けるように伝えたにも関わらず、デカルトは9月に出発し、10月にはストックホルムへ到着した。ストックホルムの冬が大変に寒いだろうことは、容易に想像できる。そこは女王もわきまえて、春に迎えを出したのに、秋に行ってしまったのだ。

1650年1月から、デカルトは女王のために朝5時からの講義を行った。

なんでまた、朝の5時から講義をしたものか。日本だって、冬の朝5時は真っ暗だ。真冬のストックホルムで、朝5時から講義だなんて。しかも、デカルトはフランスでは朝寝の習慣があったから、大変に辛かったのだという。

これは、女王の向学心ゆえの勇み足なのか。それとも、女王の生活では、そこしか勉強の時間がなかったのだろうか。やらせる女王も女王だが、それを拒みもせずに講義をするデカルトもデカルトだ。

そして、2月。デカルトは風邪をこじらせて肺炎を併発し、死去。

あっけない。

なんとも、もったいない話。
女王は、約1ヶ月しか講義を受けていないし、デカルトはまだ53歳だし。

でも、何か、劇的でロマンチックである。

「女王が哲学者を招く」とか、その迎えが「軍艦」だとか、その53歳の壮年の学者が「風邪をこじらせて、あっけなく亡くなる」とか。

まるで、中世の騎士物語のようだ。
美しい北国の女王のために、高名な哲学者が命がけで講義をして、本当に命を散らしてしまった。

このようなドラマは、多分現代ではお目にかかれないだろう。朝の5時から講義を聞こうという女王がいるとは思えないし、風邪をこじらせた学者は、宮廷の医師団が、点滴と抗生物質で治してしまうだろうから。

***

ところで、カントとかデカルトとか、哲学者のことを語っているからといって、私が彼らの哲学を理解しているとは思わないでほしい。

理解したい。

でも、難しい。

だから、「外堀を埋める」感じで、哲学の理論からはずいぶん離れた、哲学者の生き様などに注目しているのだ。

外堀を埋めるのは楽しいが、埋めたからといって本丸にたどり着けるとは限らない。何やら、埋まった外堀の周辺を、ぐるぐると歩いているだけ、という感じがしている。




コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

哲学者の最後 ヴォルテール [生きる]

ヴォルテールは、一貫してキリスト教を批判した。

1700年代のことだ。

カソリックのイエズス会の学校で学んだヴォルテールが、どうして「無神論者」になったのか、私は不勉強でわからない。

しかし、その時代に「無神論者」というのは、これは、すごく前衛的なことだったのではないだろうか。

というか、気の小さい人間にはとてもできないことだったろう。何故かというと、以下のような状況が予想されるからだ。

ヴォルテールは、生涯一貫して時の政府や教会を、とにかく声高に批判しまくった。そして、当時としたらかなり長生きして、83歳でこの世を去る。

この世を去ったら、行き場所はとりあえず墓である。しかし、当然といえば当然、パリの教会は彼の埋葬を拒否したのである。ひどく批判されたのだから、恨み骨髄だったのだろう。

これはこたえる。遺体が埋葬できないのでは、本人より遺族が困ってしまう。

仕方なく、ヴォルテールはパリから遠く離れたフランスとスイスの国境近くに埋葬された。1778年のことだ。

何事もなければ、ヴォルテールは今もそのまま国境に近い墓地で静かに眠っていたことだろう。

しかし、世の中は動いていた。

ヴォルテールがこの世を去って11年後、フランス大革命がおこる。

新しくできた革命政府にとって、反政府、反教会のヴォルテールの思想は精神的支柱となっていたのだ。

革命政府はヴォルテールの遺体をパリに移し、パンテオンに丁重に埋葬することにした。パンテオンはフランスの偉人を祀る「霊廟」で、フランスを象徴するような堂々たる大建築である。しかも、宗教色がうすい。

というわけで、現在ヴォルテールは、ヴィクトル・ユゴーやキュリー夫人らと枕を並べて、パリのパンテオンで眠っている。

革命は、こんなどんでん返しも起こすのだ。





コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

哲学者の最後 ソクラテス [生きる]

ソクラテスの最後が「刑死」であることは有名だ。

当時は死刑を命じられても牢番にわずかな額を握らせるだけで脱獄可能だったが、「単に生きるのではなく、善く生きる」意志を貫いて、あえて刑死を受け入れた、ということだ。

だからこそ後世に伝わる「偉人」なのかもしれないけれど、やはり、生きる可能性があるなら生きて良い仕事をして欲しかったと思う。

それはともかく、その刑は「ドクニンジン」を飲むことで執行されたという。毒殺。

楽に死ねるのだろうか?(ドクニンジンは、呼吸器系を麻痺させるそうだ。)

紀元前399年に、すでにそのような毒草が使われていたと考えると、やはり古代ギリシャ人は馬鹿にできない。

少なくとも、毒蛇に咬ませて自殺したというクレオパトラよりは、私の好みに合う。ヘビは勘弁してもらいたい。

ところで、ソクラテスはご本人とともに、妻も有名だ。大変な悪妻だったという。

ソクラテスは、こんなことを言っている。

「セミは幸せだ。なぜなら物を言わない妻がいるから」

笑える。よっぽど口うるさい妻だったのだろうか。

さらに、
「ぜひ結婚しなさい。よい妻を持てば幸せになれる。悪い妻を持てば私のように哲学者になれる」

さあ、どうだろう。哲学者と結婚したから悪妻になった、とも考えられるけれど。

しかし、ソクラテスはこうも言っている。

「そんなにひどい妻なら別れたらいいじゃないか」と言った人に対し
「この人とうまくやっていけるようなら、他の誰とでもうまくやっていけるだろうからね」

他の誰とでもうまくやっていく術をソクラテスは得たのかもしれないけれど、結局、他の誰ともうまくやらず、悪妻のクサンティッペと夫婦であり続けたのだ。さんざん悪口や愚痴を言いながら、実は愛し合っている夫婦だったのかもしれない。ちょっといい話。

最後の時は、
クサンティッペが「無実の罪で死ぬなんて!」と嘆いたら、
ソクラテスは「じゃあ僕が有罪で死んだほうがよかったのかい?」といったそうだ。

最後の時だというのに、この屁理屈。

この会話の後、二人は多分最後の喧嘩をしたのだろう。




コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問
前の3件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。